あなたは借りられる?借入れ診断でまずチェックしよう。

少しの情報で診断してもらえる魅力

カードローンを利用するためには、審査を通過しなくてはいけません。誰にでも融資をしているのではなく、安定した収入や融資状況に問題ない方に対し、銀行や消費者金融は融資をしています。そこで借入診断をすれば、融資を受けられる可能性があるのかある程度見極めることができるので重要です。
借入診断は、とても簡単な診断になっているため、ちょっとした時間を利用して、診断を受けられます。診断で融資可能と判断された時は、本審査も通過でき、お金を融資してもらえる可能性が生まれます。しかし借入診断で厳しい結果になった場合、そのまま申込をしても審査に落とされる恐れが非常に高いです。安心してもらいたいのが借入診断で、厳しい結果になっても信用情報に悪影響を及ぼさないので安心です。

専業主婦の場合は条件が異なるので注意

パートや社員など何かの仕事に携わっている方は、安定した収入を確保しているため、借入診断でいい結果が出やすいです。しかし専業主婦の場合、自分で安定した収入を確保しているわけではなく、夫が働いているので借入診断が複雑化してきます。
自分の情報ではなく、夫の情報を入力することが求められるため、夫の収入などを事前に把握しなくてはいけません。また夫が借入をしている時は、細かい借入情報を提供しないと正しい結果が出ないので注意です。誤った情報を提供してしまうと本当に融資可能なのか判断不能になり、見極めることができないです。専業主婦の方でカードローンを利用したいと考えている方は、専業主婦に積極的な融資をしているカードローンを選ぶのがコツになります。